ちょるに21 赤の広場とスズメが丘

ホテルの前にあった自転車です。
c0086586_22111413.jpg


10時にバスに乗り、世界遺産赤の広場に向かいました。
「赤の広場」クラースナヤ・プローシャチ。「クラースナヤ」は現代ロシア語では「赤い」を意味しますが、古代スラブ語では「美しい」という意味でした。

広場の横はクレムリンの城壁。大統領府が見えています。
c0086586_22162152.jpg

c0086586_22171357.jpg
丸いドームの上に掲げられているのは「大統領の旗」です。
ロシアの象徴、双頭の鷲の上にプーチンの紋章が描かれています。




c0086586_22193880.jpg
正面には国立歴史博物館、右側はヴァスクレセンスキー門。
なんか砂糖がかかったお菓子のように見えます。

c0086586_22215229.jpg
右手はグム百貨店。1921年、レーニンの命により建てられました。中はアーケード。高級ブランドのお店や土産物店が並んでいます。

クレムリンの中には明日入ります。赤の広場を後にして雀が丘へ。

雀が丘。モスクワ川南岸の高台でモスクワ全体が見渡せます。
c0086586_22265819.jpg
これはそこにたつモスクワ大学。
今までの建物とひと味違うでしょ?これはスターリン・クラシック様式。ニューヨークの摩天楼にコンプレックスを抱いていたスターリンが負けじと作らせました。
モスクワ800周年を記念して建てられた7つのビルは1950年代生まれ(あっ!!同世代…)
「七姉妹」「スターリンのウエディングケーキ」等と呼ばれているそうです。
c0086586_22322713.jpg
展望台からの眺め。七姉妹のいくつかがココから見えます。

c0086586_2234033.jpg
展望台にいた真っ白のハトさん☆


露店をひやかして自由時間も終わり。またバスに乗り込みます。行き先はノヴォデヴィチ修道院。
c0086586_2236728.jpg
ここです。ここも城壁に囲まれた女子修道院。タマネギ屋根はスモレンスキー聖堂です。
c0086586_22362728.jpg
城壁の外は湖。実はここはチャイコフスキーがあの「白鳥の湖」の構想を練った場所なのです。え~って気もしますが、そのころはもうちょっと街中って感じは薄かったかも(^_^;)

c0086586_22364261.jpg
ロシアスズメもいました。パンくずを咥えています。
c0086586_22383359.jpg
そしてロシアにゃんも。あらまあ、なんて顔してるの。黒白染め分けじゃないの。しばらく草をかじっていました。
c0086586_22463669.jpg
モスクワにゃん、何を考えているのでしょ。


この日はホテルに帰ってもまだ時間があり、朝よりはちょっと高級なショッピングモールへ歩いて出かけます。
[PR]
by kazetabi3 | 2006-09-18 22:09 | ロシアにゃん
<< ちょるに22 キャビアっ♪ ちょるに20 檻の中のスイカ >>